STORYあらすじ

#01

響け神音ビート!!!

 神々たちの力比べ、カミズモウ!
 それはゴウリキシンと呼ばれる神々と、神通力を持つ人間の親方がタッグを組んで行われる戦い。
 そんな戦いとは無関係の日々を送っていた少年、夢幻ダイのもとにある日、隕石が落ちてくる。ゲームセンターで遊んでいる最中の出来事に驚くダイ。しかし、隕石はただの隕石ではなかった。隕石だと思ったのはゴウリキシン、石の神ゴウテツだったのだ!
 ゴウテツはダイに「オレの親方になれ!」と迫る。

#02

ジャリキシンの脅威

 なりゆきでジャリキシンに勝利したものの、親方になることを拒むダイ。
 ゴウテツはダイを説得しようと、人間界に危機が迫っていることを教える。
 近く行われるカミズモウ大会でジャリキシンが優勝すると、人間界は悪に支配されるというのだ。
 それを聞いても乗り気にならないダイに、ゴウテツは親方になると、ご利益があることを明かす。ご利益で願い事がなんでも叶うと聞いたダイは目の色を変える。

#03

リュウショーの親方

 ゴウテツの親方になったダイ。
 しかし、カミズモウ大会に出るためにはあと二人、ゴウリキシンが必要だ。
 仲間探しを始めたダイとゴウテツは、ペンの神リュウショーと出会う。二人はリュウショーを仲間に誘うが、あっさり断られてしまう。カミズモウで決めようと、リュウショーを挑発するゴウテツだが、そこにリュウショーの親方が現れる。それはダイにとって因縁の相手で……。

#04

強さの在処

 仲間探しを続けるダイとゴウテツの前に、再びジャリキシンブロードロンが現れる。
 強さを求めて戦うブロードロンだが、彼がジャリキシンになるきっかけには、彼の師匠ヒュルリィが深く関わっていた。ゴウリキシンとの戦いでヒュルリィを亡くしたブロードロンは自分の無力を責め、ジャークパワーを受け入れたのだ。
 ゴウテツと激闘を繰り広げるブロードロン、その中で衝撃の事実が明かされる。

#05

正統なる親方

 海外留学から戻ってきた、岸海征。彼は、スポーツ万能な優等生でお金持ちという、ダイとは大違いの少年だった。そんな海征からダイは放課後、家に遊びにこないかと誘われる。
 ゴウテツと一緒に海征の家に行くと、そこは物凄い豪邸でダイは圧倒されてしまう。通された部屋で喋るロボットを見つけ、話しかけて遊ぶダイ。一方、ゴウテツは庭で、ある形をした石像を見つける。